経営コンサルティングの知識

経営コンサルタントとは?

経営コンサルタント、実に格好いい響きですよね。

しかし、具体的にどういうことをするのか、なかなか知る機会はないと思います。

辞書に載っているような言葉で「経営コンサルタント」を説明すると、
「企業、個人、経営者、社長、さまざまな人から依頼を受け、経営上の問題を解決するための支援を主なう」といったところだと思います。

要するに、経営に対してのアドバイザーといったところでしょうか。
正直、経営コンサルティングという仕事は、非常に難しいです。

なぜなら、「上手く行かない企業の収支や業績を健全にするための助言等を行う」わけですから、ほとんどがマイナススタートとなります。そのマイナスからプラスに転じさせるためのアドバイスは、高い能力が必要となります。

が、実は経営コンサルタントになるための資格というものは、存在しません。

もちろん、「これがあったらより信頼される」という資格はあるものの、誰でも経営コンサルタントを「名乗る」ことはできます。
しかし、資格が必要なくても、誰でも行えるわけではありません。

今まで、どのような業績をあげてきたか、要するに「実力」「信頼性」がないとクライアント(依頼者)から選ばれません。
また、「経営コンサルティング」は「アドバイスする側」ですから、クライアントよりも経験、知識、提示するアイデア、そしてそのアイデアの根拠となるもの、そのすべてが一歩先を歩んでないといけません。

誰でも名乗れるが故に、誰よりも高い能力が必要とされる、
経営コンサルタントに依頼する場合も、名乗る場合も、そのことをしっかりと心に留めて、信頼できる人、される人になってください。